テーマ:オム・テウン

『復活』☆こだわりとエピソード

パク・チャンホン監督は、業界内でとても怖いと評判らしく 不安だらけで、まだ演技が未熟だったオム・テウンさんは 撮影するたび怒られながら、必死について行ったそうです。 最も重要となる、シンヒョクが亡くなり絶望するシーンは 山奥の別荘で3泊4日、徹夜したというのですから 監督さんは撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『復活』☆脚本の「本当は…」

チャンホン監督はじめスタッフ全員が惚れ込んだ台本 それを執筆した脚本家キム・ジウさんによれば、当初 ガンヒョク(ハウン)が死んでしまう結末にしていたそうです。 エ~ッ、そんなの悲しすぎるじゃないですか でも、生きていた方が、人として再生する物語に ふさわしいと考え直したそうです。 そんなこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more