大好きな役者さんと目が合ってドキドキ:.?

『タンゴ 冬の終わりに』初日、シアターコクーンへお出かけ
今回の席は舞台が良く見えすぎて、本当にリアルでした。
迫真の演技力を見せつける女優さんとも目が合ってドキドキ…

1998年1~3月、まさに冬の終わり、新大橋のベニサンピットで
『テレーズ・ラカン』に出演している堤さんを観たのが初めて
それ以来、チケットが取れる限り、堤さんの舞台に通い続けてます。

遠視に近い視力で、リピーターの顔を覚えていらっしゃるのか…
初日に観劇するようになってから、必ず1度は目が合ってしまうのです。
昨日は役作りで狂気をはらんだ、いつになく鋭い眼差しでした。
しばらく目が合ってしまった時は、思わず目のやり場に困ったほど
そのサービス精神に、すっかりハマっているのかも知れません。

舞台で見る堤真一さんは、本当に楽しそうでエネルギッシュ
かつカッコ良く、いつも私達に元気をくれます。
近頃では、お笑いのセンスも冴えてきたみたい…

作品ごとに新しい一面を披露して飽きさせない、素敵な役者さんです。
堤真一さんは永遠のMy Favorite

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック